UTAU向け音声ライブラリ

銀音ギン公式サイト

2018年10月25日

歌声の雰囲気が変わる!?UTAUで使える追加エンジン

歌声合成ツールUTAUの”エンジン”

UTAUにある程度馴染みのある方なら、一度は耳にしたことがあるであろう”エンジン”という言葉。聞いたことはあるけど、意味がわからないという人も意外と多いのではないでしょうか?そんな方を対象に、ここでは大まかにエンジンを紹介していきたいと思います。
技術的なことや専門的なことは一先ず後にして、どういうものか概要を掴むための簡単な内容を書いていきたいと思います。
 

エンジンとは

エンジンとは一般的に機械等を動かす動力の部分のことを言いますが、UTAU等の合成音声においては歌声を合成するプログラム部分のことを指します。
VOCALOIDの場合は予め製品として開発された専用のVOCALOIDエンジンが備わっていますが、UTAUではこのプログラム部分を別のものに取り替えることが出来るのです。
 

エンジンを変更するメリット

エンジンを変更するメリットはいくつかあります。いくつかその特徴も含めて紹介致します。
音源によってエンジンとの相性もあるみたいなので、いくつかエンジンを持っておき、必要に応じて使い分けるという方法は有効かもしれません。
 

エンジン紹介

UTAUで使えるエンジンをいくつか紹介します。ここで紹介するもの以外にも種類はありますので探してみてもいいかもしれません。
試した条件

  1. ベタ打ち状態のプロジェクトファイル
  2. フラグ等は無し、連続音一括設定(デフォルト)及びクロスフェードの最適化のみ
  3. 課題曲は、ベンチマークとして公開したDecode/niki様(ボーカルのみ)です。

 

resampler

UTAUに初期から付属しているエンジンです。
ダウンロードしたUTAUをそのまま使っている人は、基本的にこのエンジンで合成処理を行った音声を耳にしています。

  • ロングトーンで発生する特有のノイズ
  • 対応するフラグ(合成の際の処理)が最も多い
  • 音の高低差の変化に比較的強い

 

銀音ギン(しろがねぎん)との相性:★★★★★
基本はこのエンジンでいいのではないでしょうか。安定してきれいに出力されています。

 

fresamp

一般配布されているのは11及び14。UTAUの開発者である、飴屋PのTwitterで2010年に配布されているものです。
現在もリンクは生きているようですが、何かの拍子にダウンロードできなくなる可能性もあるので不安な人は確保しておいてもいいかもしれません。
尚、fresampに共通して、resamplerと比べてロングトーンは綺麗に出力されるようです。
 

fresamp11

  • 複数音階の原音セットを持つ音源向け
  • 原音の音階から離れた音を歌わせるのは不得意
  • 出力される音は比較的綺麗

 

銀音ギン(しろがねぎん)との相性:★★★★☆
resamplerと比べると、やや輪郭がハッキリしている感じ。ほぼ僅差で好みの範囲です。

 

fresamp14

  • 少ない原音セットでも対応できる
  • 原音の音階から離れた音も比較的綺麗に出力される

 

銀音ギン(しろがねぎん)との相性:★★★★☆
音のざらつきがresamplerよりも増している気がします。安定性は高いので、歌わせる曲によってはresamplerよりも合わせやすくなるかもしれません。

 

どちらもTwitterでの配布リンクのみしか入手方法が無いのは個人的に不安要素ではありますが、fresampも長くUTAUユーザーに親しまれているエンジンといえます。
 

TIPSエンジン

ウィスパー系の音源や男声音源等、収録された原音が低い音源に効果を発揮するようです。音源によっては、かなり原音に近い歌声が合成出来る反面ロングトーンの発生が苦手なようなので、ロングトーンを別途用意している音源等では使いやすいエンジンになるかもしれません。
 

  • ロングトーンの合成が苦手(別途ロングトーンの原音があれば問題なし)
  • 相性の良い音源は、かなり原音に近い合成が出来る。

 

銀音ギン(しろがねぎん)との相性:★★★☆☆
ウィスパー向きというのは納得な感じ。激しい曲ではなく、優しい曲の場合はこちらに分があるかもしれませんが、歌声としてはややパワー不足感があります。

 

VS4U(VocalShifter for UTAU)

採譜支援やピッチ修正等のソフトウェアを多く公開しているAckieSound様が公開しているエンジンです。DTMをやっている方なら、一度はVocalShifterなどお世話になったことがあるのではないでしょうか。

  • 特殊な原音の音源でも対応できる
  • 息成分が強い音源(ウィスパー等)でもザラつきが少ない
  • 独自のフラグ(T、O、S、W)がある

 

銀音ギン(しろがねぎん)との相性:★★★☆☆
原音っぽさは出ていると思いますが、やや癖が強い出音な印象です。扱う人によっては結構いい感じなのでしょうか。

 

bkh01

連続音一括設定プラグインなどを手掛けるzteer様の公開するエンジンの一つ。公開ページには、「音源により品質に差が出ます。特に男声音源はノイズが多くなるようです」とあるので女声音源向きかもしれません。原音を声成分とノイズ成分のパラメータに分解し再合成する手法のようです。

  • 息成分が強い音源(ウィスパー等)向き
  • アタックの強い音源が少しおとなしくなる
  • 独自のフラグ(V、O、S、M、A)がある

 

銀音ギン(しろがねぎん)との相性:★★☆☆☆
配布ページでの案内の通り、男声音源だからなのかノイズ多めな出力になってしまっています。

 

Moresampler

2015年に配布開始された海外製エンジン。子音や無声音(母音を伴わない音)の合成がリアルな質感になる為、海外製の音声ライブラリやHANASU等の利用にも向いているエンジンのようです。

  • 子音の合成が得意(外国語音源等にも強い)
  • 合成のクロスフェードが綺麗
  • ロングトーンの引き延ばし耐性

 

銀音ギン(しろがねぎん)との相性:★★★★☆
ノイズが少なく、パワーも保たれているので比較的相性の良いエンジンと言えます。
[a R]等の特殊な休符の存在感が強いので、ベタ打ちの場合はresampler等を使うほうがいいかもしれません。しっかりと調声を行う場合は強い味方になってくれそうです。

 

エンジンを変えるということ

ここで紹介したほかにもエンジンは存在しますが、それらも含めエンジンには音源との相性があります。相性である程度の優劣が決まる以上、エンジンを決めるのは好みや歌わせる曲調でとなりますので、人それぞれ使いやすいエンジンで歌わせるのが最適だと思っています。

銀音ギンとあまり相性の良くないエンジンでも、別の音源には最適な場合もあるかもしれません。男声が苦手なエンジンなどもありますので、試してみたい方はぜひご自分で確認してみてください。

参考

銀音ギンダウンロードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です